評判の良い青汁ってどれ?管理人が徹底検証!

青汁は原材料によって種類がいろいろ

野菜にはミネラルやビタミンなど私たち人に必要な栄養素が含まれています。
しかし野菜不足になると健康面で悪影響があります。
お仕事などで忙しく自炊する時間が無いと外食ばかりになり、中々積極的に野菜を食べるのが難しいです。
そんなときに手軽に野菜の栄養素を摂取できるのが青汁です。
しかし青汁には原材料によっていろいろな種類があることは意外と知られていないです。
青汁に良く使われている原材料にはケール、大麦若葉、明日葉、桑の葉などがあります。
ケールは栄養素が豊富で野菜の王様との呼ばれるアブラナ科の植物です。
独特なクセがあり召し上がりにくいのですが、いろいろな原材料をブレンドして飲みやすくした青汁もあります。
大麦若葉はケールのような独特なクセが無く飲みやすいです。
栄養素も豊富に含まれており人気があります。
明日葉はポリフェノールが豊富に含まれており、脂肪燃焼作用や血糖値を下げる作用があると言われています。
メタボでお悩みの方に人気があるセリ科シシウド属の植物です。
桑の葉は1-デオキシノジリマイシンが豊富に含まれており、食後の血糖値の上昇を抑える作用があると言われています。
糖尿病が気になる方に人気が高いクワ科の落葉樹です。
桑の葉の青汁もケールと比べると飲みやすいです。
何年も前に流れていたコマーシャルにより、青汁と言うと健康に良いけどマズイと言うイメージをお持ちの方は多いと思います。

しかしこのように青汁の原材料によっては飲みやすいものがあります。
中にはレモンやはちみつなどを加えて美味しく仕上げている青汁も見られます。
粉末をお水などで溶かして召し上がる青汁が一般的ですが、中には冷凍ジュースにした青汁も販売されています。
粉末はいつでもどこでも携帯しやすいです。
冷凍ジュースなら水に溶かさずともそのまますぐに召し上がれます。
どちらかご自身で召し上がりやすいものを選ぶと良いです。
お試しサイズがご用意している青汁もありますのでまずはお試ししてから本購入されるのがおすすめです。

 

http://www.printempsnumerique.com/site/conferences.html